LPO(ランディングページ最適化)
†ユーザに優しいホームページ
まず、検索エンジンなどを経由してやってきたユーザが最初に見るウェブページをランディングページと呼びます。
その最初に表示されるページをユーザが目的の情報を容易に見つけ出せるように最適化する事をLPOをいいます。

もう少し具体的に説明しますと、
例えば、御社がカー用品を扱っていて御社WebサイトのTOPページにはタイヤ、バッテリーなどいくつかの商品の簡単な
商品概要と商品の詳細ページへのリンクを表示しています。
このような場合に、ユーザが検索エンジンから「タイヤ」というキーワードで検索を行って、御社のWebサイトに訪れた場合、
LPOが行われていないサイトであれば、商品概要がズラズラと表示され、TOPページからタイヤの情報を見つける事は困難です。
目的の情報が見つけ難くなり、サイトを去ってしまう可能性もあります。
しかしLPO対応のサイトだと、タイヤの情報が一番上に(または強調して)表示されます。
仮に「バッテリー」というキーワードで検索して、サイトを訪れた場合は「バッテリー」の情報が一番上に表示されます。
このようにLPOを導入したWebサイトは、ユーザにとって優しいサイトになり購買意欲を上げる事にも繋がります。

SpeedStarではコンテンツの内容や量、構成によってはLPOを無料でご提供させて頂いております。
LPO対応