内部要因対策
†タグを正しく効果的に利用する

ホームページはHTML(HyperText Markup Language)という言語で書かれています。

yahoo!やgoogleなどのクローラー(ロボット)がWebサイトの情報を収集している事は「SEOとは」の頁で説明していますが、これらのロボットはHTMLが正しく書かれている事を前提にWebサイトの情報を収集しています。

その為、HTMLが正しく書かれていないと、クローラーが正しい情報を収集する事ができません。

また、HTMLは「タグ」と呼ばれる標識を利用して情報の埋め込みを行いますが、タグには様々な種類があり、同じ表現でも幾通りもの書き方ができます。しかし、このタグの使い方ひとつで情報の重みなども変わりってくる為、検索結果にも大きく影響します。

適切なタグを使用してホームページを作成する 事は、SEOの基本中の基本と言えます。

†一定以上の文章量

ページ内の文章量が少なすぎると、内容の薄いサイトと判断されてしまいページの価値が下がってしまいます。

また、クローラーは画像やFlash内の文字を認識できませんので、画像やFlashばかりでサイトを構成するのは避けるべきです。

一定量以上の文章(テキスト)を含むページを作成する事が大切 です。

†サイト内リンク

クローラーはリンクを辿ってページの情報を収集しますので、サイト内のリンクをしっかり記述する事は大切です。

また、非リンクと同様に、どのようなテキストでリンクされているかも重要になってきます。

Webサイトの全てのページを記述したサイトマップを用意するのも効果的です。

†キーワードの配置

yahoo! や google の検索結果に狙ったキーワードで上位表示される為に重要な事は「キーワードを効果的に配置する事」です。

画像やflashをふんだんに使った華やかなホームページは確かにユーザの目を引きますが、そういったサイトの情報は yahoo!やgoogleの情報収集用ロボットには収集され難くなっています。

だからといって、キーワードを過剰に含む文章を羅列すれば良いかというと、そうではありません。

過剰なキーワードの羅列はスパム行為(上位表示する為の不正行為)とみなされ、逆に順位の下落などのペナルティが課せられますし、適量なキーワード配置でもページの何処に配置するかによって検索順位に大きく影響する事もあります。


キーワードを「何処に」「どの程度の重みで」配置するのか という作業は、極めてデリケート かつ 重要な作業です。

†サイトテーマを統一する

クローラーは、ページ毎の情報だけでなく、Webサイト全体が何について書かれているか という情報も収集しています。

その為、関連性の薄い複数のサービスや商品を詰め込んだサイトを作ってしまうと、検索エンジンに「サイトテーマが統一されていない」と判断され、SEO的に不利になってしまいます。

例えば、1つのサイトに「自動車」「家電」「本」など関連性の薄いものを詰め込んでしまうと、検索エンジンには「自動車」に関連したサイトとも「家電」に関連したサイトとも判断されず、検索上位に表示され難くなります。

逆に、1つの商品やサービスについて書かれている場合は、おのずと関連キーワードを多く含むサイトなりますので、検索エンジンにも「統一性がある」と判断され、検索上位に表示され易くなります。

ターゲットの絞込みをしっかりと行っていれば、おのずとサイトテーマは統一されます。