その他の施策
†キャッチコピーの設定

顧客の関心を引く意味で、キャッチコピーを設定する事は効果的です。

キャッチコピーは、サービスのウリや、顧客の関心事、顧客の悩みなどを元に決定しますが、「何を誰に売る為のWebサイトか」という事をくれぐれも忘れないで下さい。

例えば、Aという電化製品を売る事に決めているのに、キャッチコピーが「電化製品の事なら○○まで」では、せっかく絞り込んで決定した商品や訴求ポイントが台無しになってしまいます。

†ノウハウを提供する

ターゲットの絞込み を適切に行っていれば、ホームページに訪れるユーザは全て「見込み客」となります。

当然の事ながら、見込み客は「商品やサービスについて詳しく知りたい」という欲求を持っていますが、現在のWeb上には会社のパンフレットをホームページにしただけの名刺にしかならないホームページが多数存在します

これではユーザの欲求を満たす事はできませんし、当然商談の成立には繋がりません。


見込み客は、そのような当たり前の情報よりも、むしろパンフレットに載っていない御社の特色やノウハウを知りたい筈です。

そのような情報は「ユーザにとって有益な情報」となる可能性が高く、これらはユーザの欲求を満たすと共に信用にも繋がります。

†キャンペーン・定期的な情報配信など

ニュースページの設置やメルマガなど、定期的に情報配信を行う事も有効な集客方法です。

定期的なキャンペーンとメルマガを組み合わせて利用する等すれば、大きな効果を生む事もあります。

†セカンドサイト

1つ目の商品が成功すれば、次に2番目の商品を売る事も考えてみるのも良いでしょう。

1つは会社案内としてのカンパニーサイト。もう1つは商品を売る為のサイト。という位置付けにするなど、様々な戦略が考えられます。