まずは調査・分析
†ホームページを作る目的を明確にする

まず、何の為にホームページを作るのかを明確にしておく 事が重要です。

会社案内を作りたいのか。求人用に作りたいのか。商品やサービスを販売する為に作るのか。

Webサイトを作る目的は様々だと思いますが、ご注意頂きたいのは ホームページに複数の目的を持たせない という事です。

目的がハッキリしていないと、ホームページの内容にもブレが生じ、どの目的も達成する事が困難になります。

†自社の調査・分析

次に、以下のポイント毎に自社の分析を行います。

  • 強い商品・サービス
  • 商品を買ってくれている顧客
  • 対象としている地域
  • 一番のウリを把握する (他社との大きな違い、顧客が購入の決め手にしているのは何か)
  • 信用に繋がる会社の資産、実績 (販売実績、有資格者の情報、独自のノウハウなど)

自社の強みや弱みを知る事で、訴求すべき商品やサービスが見えてきます。

†競合の調査・分析

競合になりえる他社について、上記のような自社と同様の分析を行います。

他社を知る事で、自社の強み・弱みがより明確になる だけでなく、「このポイントでも勝負できそうだな」という新たな発見にも繋がります。

†市場の調査・分析

以下のポイント毎に調査を行います。

  • ニーズの変化
  • 技術の変化
  • 法律・制度の変化

例えば ”○年○月に法令が変わる” 場合、それは、自社にとっての好機になるのか、脅威になるのか。という分析を行います。

また、好機になる場合でも、他社にとって自社以上の好機にならないか?など、市場を調査し好機と脅威を把握する 事で戦略も立てやすくなります。

†情報の整理

上記までで得た情報、分析結果を整理します。