バーコード(CODE39,CODE128,JAN)

各種バーコードの出力用プログラムです。

CODE39,CODE128,JANコードに対応しています。


※ご利用、改変はご自由に行って頂けますが、本ライブラリを利用して発生した一切の責任は追いかねます。

尚、本ライブラリのご利用に関するお問い合わせは受け付けておりませんので予めご了承下さい。

≪デモ画面≫
こちら よりデモ画面をご確認頂くことができます。
≪ダウンロード・インストール≫

《ダウンロード》

barcode-1.2.zip

※チェックキャラクタの算出の不具合を修正しました。(2015/10/17)


《インストール》

ダウンロードしたzipファイルを解凍するだけでご利用頂けます。
※sample.php のデータ設定部分をサーバ処理で動的に生成する等してご利用下さい。

≪ご利用ガイド≫

《機能説明》

  • JANコードの場合、チェックキャラクタが自動で算出&付加される為、7桁または12桁を指定して下さい。
  • バーコードリーダに合わせて、最小寸法、高さ等を調整してご利用下さい。
  • CODE128はコードセットBを使用しています。
  • CODE128の特殊記号(SHIFTやDEL)は処理できません。
  • URL引数に値を与えて使用する場合、一部の記号はURLエンコードが必要です。  例) + ⇒ %2B

《ファイル構成》

/barcode
├ sample.php・・・ バーコード出力サンプル
├ lib・・・ ライブラリ格納用
├ BarCodeFactory.php・・・ バーコードオブジェクト用ファクトリ
├ BaseBarCode.php・・・ 各種バーコード基底クラス
├ Code39.php・・・ CODE39出力用クラス
├ Code128.php・・・ CODE128出力用クラス
└ CodeJan.php・・・ JANコード出力用クラス

《使用例》(CODE39の場合)

その他の利用例(CODE128,JAN)については sample.php および デモ画面をご参照下さい。

<html><head><body>
<?php

require_once("lib/BarCodeFactory.php");

// バーコードオブジェクト生成
$objBarCode = BarCodeFactory::create("code39");

// バーコードHTMLの取得&出力
$objBarCode->setCode("ABCD123456789");
print $objBarCode->makeHtml();

?>
</body></html>